学び舎ココネ

昨日の自分より今日成長するために、実務的な学習から感性や人生を豊かにするものまで、ココネは積極的に取り入れています。デザイナーにはデッサン、企画運営者には統計学、リーダークラスには基礎会計など、多種多様な学びの機会が用意されています。

デッサン教室からひとこと

デッサンは、描く力はもちろん見る力も養います。
見えたものをそのまま再現するということだけではなく、深く観察することから本質となる構造や空間を理解します。
何を見せたいかや構図、粗密による視線誘導など、画作りを学びます。また、対象と向き合い没頭することで集中力を養うことにもつながります。

利用者の声

デッサン経験はありませんでしたが、絵を見るのが好きなのと描けたらいいなという憧れから今回思い切って参加してみました。
石膏の球体をモデルにしたレッスンでは、あたり取りや陰影、鉛筆の使い方などを教わった後、球の輪郭から挑戦したものの、そう簡単ではないですね。
4Bで柔らかく線を取ると良いと聞いて、円じゃない球なんだとイメージしつつ形を追っていったり。練り消しも有効なことが分かって来ました。
想像力を膨らませ、見た目だけでなく音や味、匂い、温度など様々なイメージを膨らませてはそれが伝わるよう線を重ね、気がついたら開始から2時間経過。夢中で描いていたようで、時間を忘れるくらい楽しかったです。
部署や職種の異なる他の仲間と談笑しながら出来るのも、学び舎ココネのよいところ。次回も今から待ち遠しいです。
(30代 男性 開発者)