企画者、ココネを語る

今の仕事

石渡: 今日は、我が社の企画者を知ってもらいたいと言う対談です。ベテランと若手でやらせていただきます。
T.Kさんは、大型の新規プロジェクトの企画を任されていますが、よく考えたら、まだ20代ですよね。

T.I: 30代で企画経験18年の私と、大学卒業後からココネが2社目で、企画経験5年のT.Kさんが、同じポジションで同じ仕事をしている。何でも言い合える。何でも言い合った後に、「そういえば何歳?」「え、そんなに若かったのかって」(笑)。そんなわけでベテランと言われるのはいつでも違和感あります。

T.K: 年齢関係なくチャンスをもらえるのは当社の魅力ですよね!ココネって、T.Iさんとか、経営陣とか、年齢、職位、経験年数を超越して、何でも言い合える風通しの良さは特徴的ですよ。

T.I: 認められればすぐにでも、新規サービスの現場責任者やらせてもらえてるもんね。それが自然と現場でも認識されているので、ポジション争いに忙しいということはなく、いいものを作るということに集中できます。

石渡: T.Iさんはポケコロになくてはならない存在ですから、新規アプリには動かせなかったですよね。(笑)
T.Kさんも入社一年くらいでの大抜擢ですが、もちろん最初は、デザイナーと2人とかのチームで。開発者は専任じゃなくて兼任でした。ようやく一年たって、リリース目前(※2016年夏新規アプリリリース予定です!)、チームらしいチームになってきましたよね。

T.I: そうですね、チーム拡大と一緒に、T.Kさんの成長がすさまじいと思いますよ。

T.K: ありがとうございます。

石渡: 最初から凄い人っていないわけで。ココネって、最初にトライさせてもらって、見合わないほどの大きい土俵をもらって、必死にやらせてもらえる。いつの間にか、土俵に合わせて、成長できれば。ポジションが人を作るってことを信じている会社ですよね。

T.I: 石渡さんだって、弁護士で。サービスははじめてだったのに、いきなりバックオフィス担当役員から、ポケコロ事業部担当になりましたもんね。

石渡: その節はお世話になりました。みなさんの支えでやっていただけですが、本当に、人を信じている会社だなと思います。

トップダウンもあり、ボトムアップもあることの良さ

石渡: ココネで企画者として働くのって、どうです?

T.I: 自由で裁量がある。良い意見なら通る。一方でトップダウンもある。上からの締め付けではなく、上から方向性のアドバイスをもらって勉強してる感じですよね。
きちんと見てくれて、めちゃくちゃ怒ってもくれる。自由にやらせてもらいつつ、勉強もさせてもらえる絶妙なバランス。7の自由と3の指導って感じでしょうかね。

石渡: ダメだしされた時ってどんな感じですか?

T.I: 違うって言われて、「本当に間違えてたな」って思うことは多々ありますし、「いや。そうじゃない」って戦うときもあります。代表(※創業者会長)とか、相談すると本当に一緒に悩んでくれるから、ぶつかるときは相当ぶつかる感じもあります。でも、その主張を死ぬ気で3回提案すれば「そこまで言うならやってごらん」って言ってもらえるんです。

T.K: そうですね。一人で責任持たされて全部やれってことがなくて。自由も責任もあって、かつ孤独じゃないですね。ただ、細かいところとかは、けっこう現場の裁量をもらえますね。

石渡: どんな企画者なら、ココネを楽しめますかね?

T.I: 規定路線に乗るんじゃなくて、新しいサービス作りたいとか、「分析して、提案して、全部やりたい!」って人は楽しいと思います。逆に「ここ一部分だけやって認めてもらえれば幸せなんです」という人は苦労があるかもですね。

石渡: うちのサービスってお客さまの反応が、すごくありますよね。お客さまが、すごく喜んでくれたり、逆に、すごく怒られたり。それって幸せじゃないですか?反応ないサービスも多いって聞きますよね。

T.K: すごい幸せですよ。やれば絶対に反応があるベースで、いろいろトライできるわけですから。企画者としては最高の戦場だと思います。

他職種との関係

石渡: 戦場って言いましたけど、大変ですか?(笑)

T.K: ぶっちゃけかなり大変ですが、楽しいです!困った時に、部署を超えて相談できますし。経営陣や開発者がちゃんと話を聞いてくれる。会社によっては、開発者は技術職だから、そちらを極めたくて技術追求を重視したりすることもある。でも、ココネの開発者は、皆、サービスを作るのが好きで、サービスを重視してくれるので、すごくやりやすいです。

T.I: 企画を具現化してくれるのが開発者だし、結局、企画者は一人では何も出来ないから・・・

石渡: ココネの開発者は「できないって言わない」というルールが徹底されていて、「できます?」って聞くと本当に「できますよ」としか言われない。もちろんその後、実現するための数々のハードルについて協議しますが。入り口でNO!と言われないのは本当にありがたいですよね。

T.K: このルールは企画者としては本当に助かります(笑)ココネは、サービスへの情熱があれば、企画者じゃなくても、企画を提案できる権利が全員に与えられている。権利っていうより、もはや義務かもしれないけど。そういう文化があることも、企画者自身にとっても刺激になるし、開発者もサービスに関心高い人ばかりで、いつも一緒にサービスのこと話せる環境。これは他社に比べて相当良いと思います。