アイデンティティ

私たちは「こうでありたい」という思いを、召命として位置づけました。戦略や方向を変えたとしても変わらない私たちの芯の部分を確認しています。